fbpx

Hall of Fame 2013 Candidates – Tomoharu Saito

This is part of an ongoing series of interviews with potential Magic Hall of Fame candidates in the 2013 class.
Previous interviews:

Justin Gary
William Huey Jensen
Ben Stark
Willy Edel
Paul Rietzl
Guillaume Wafo-Tapa

364 lifetime Pro Points
33 PTs played
5 PT Top 8s (15.1%)
1 PT win – Charleston, 2006 (3%)
1 PT Top 16 (3%)
4 PT Top 32 (12.1%)
5 PT Top 64 (15.1%)
15 PTs at Top 64 or better (45.5%)
17 GP Top 8s
4 GP wins – Strasbourg, 2007; Singapore, 2009; Kobe, 2009, Columbus 2010
Median finish: 71
3-year median: 25
Years in PoY top 10: 4
Lifetime winnings: $219,417 (11th)

What is your current relationship with Magic? How would that change if you were inducted in the HoF?

I have been playing for 15 years, but I am not invited to the PTs right now as a gravy trainer. I have been playing GPs and PTQs as much as I can, and I attained Silver level in PT DGM, so I am planning on playing PT Theros. I am also the owner of a MTG specialty store so sometimes I host tournaments.

Magic: The Gathering is my foster parent, my business, my hobby, and my life, so I will be related to it forever. If I got in the Hall of Fame, of course I would play all the time and I can make a good contribution to MTG.

Though I’ve seen you play all styles of decks, you’re known for your love of aggro. Is there a particular reason you play those decks so often?

The reason why I really love aggro decks is that normally control decks need a long time for a game, but aggro decks do not need a long time, so as a result it’s very easy to construct a good list because aggro decks are able to playtest much more for the same amount of time. I also never get tired in tournaments since games finish fast.

I know everyone assumes Saito = aggro. That is actually true. I play aggro as long as I can and everyone will be glad I play aggro since I am Saito.

You’re often considered one of the best deckbuilders in the game. What is your process for building decks? Who do you test with?

Just reading card lists. If the environment is new, I would look for a deck which could be tier 1. If the environment is just before point of rotation I look for any new approach. And I imagine good move, bad move, and average while constructing the deck, because I try to decrease the time wasted playing with a bad deck.

But still I fail a lot, so for the bigger tournaments, I prepare for a longer time.

The playtest mainly happens with Yuuya Watanabe and JPN players at MTGO or at tournaments in my store.

You’ve recently been banned for 18 months because of stalling, losing your Hall of Fame induction in the process. People speculate that, since 18 months is a very long time, it implies the ban was a culmination of things you’ve done wrong. Can you explain what exactly happened?

I was DQ’d in GP Firenze and afterwards deprived of HOF and banned for 18 month for stalling, but I did not have a reason to stall. The main reason they said it was stalling was that I went to look at the timer to check out how much time was left in the round, and I was thinking too much, but then my opponent suddenly attacked with all of his creatures.

The head judge said, it doesn’t matter the reason or your thought process, the truth is that your play speed was changed after you checked the clock.

No one can deny you have amazing results, but people often question their legitimacy because they assume part of your results come from things like the ones you were banned for (stalling, etc). What do you have to say about that?

I have been playing as a star, which means I am really standing out. If I was cheating for a long time, I would have been DQ’d earlier.

I am really sad that people think I am a cheater because I love MTG and I have pride in my results.

We don’t often get to hear about what happens in Japan, which puts Japanese players at a big disadvantage when it comes to things like community contributions being considered for the Hall of Fame. Is there anything you’ve done for the Japanese community that you think is worth sharing?

I opened a store in Japan and I still run.

I have been doing some business for Japanese MTG society:

-Sales
Opened a CARDSHOP HARERUYA in Tokyo 3 years ago.
An international online sales site SaitoCardShop.com opened 1 years ago.
And in August, we are going to open a tournament center which has 300 seats.

-Tournaments
Running multiple-format tournaments every day in our store.
The number of new DCI members is the largest in Japan.
The number of tournaments held is the largest in Japan.
We have held GPs twice (GP Yokohama 2013 was the biggest in Japan ever, and was the second biggest tournament in the world at that time).

-Dispatch of information
Developed happymtg.com, a site for MTG strategy, providing strategy articles written by famous Japanese players.
Developed a deck database which registered over 50,000 decklists on it. Those deck lists were collected from everywhere.

The most important thing is a good environment for playing MTG, like easily being able to get a card, easily play a tournament, and easily be able to know deck lists. If these conditions are put into place, it is really good for players and MTG, so I will do it with my business.

What other accomplishments do you have that are not listed on the stats page?

4th in lifetime PWP.

I really like this system because it shows how much I love MTG, and such a high point total means I’ve played in tournaments many times.

What is your best memory from Magic?

In 2007, when I got POY, which I decided to get before that season had started.

I was absent at an Invitational tournament in that season, since it didn’t give away Pro Points even if I got a good result and there was a GP on the same day. For me, Pro Points and attaining Player of the Year were the most important thing.

One month before PT Charleston, I quit a job because I wanted to playtest so much for the PT, and my account had like $500 in it, but then I won the PT! My teammates were Tomohiro Kaji and Shouta Yasooka, and my finals match was against this article’s interviewer Paulo Vitor Damo da Rosa.

Have you ever written Magic articles? Can you give us the link to the one/ones you like the most?

Important Things for Tournament Success
Part 2
Part 3

HAPPYMTG-Standard article before PTGTC (Japanese)

What do you think your greatest strength is as a player, something you do better than most people?

I am good at developing an environment. Opening a tournament center is good for me and good for everyone.

The most important thing for building decks and becoming good a player is playing in a good environment.

Do you have a preferred archetype?

Mono-red or red + something.

What are your favorite deck and card of all time?

Super Naya Zoo/[card]Ninja of the Deep Hours[/card].

What’s your favorite format?

Legacy

What Ravnica guild are you?

Gruul.

Imagine every person that gets in the HoF gets to make a card to represent them, like the Invitational. What card would you make?

Searing Mage
RR
2/1
Haste
R1:Deal 1 damage to target creature or player.
R2:Deal 2 damage to target creature or player.
R3:Deal 3 damage to target creature or player.
RRRRR:Deal 5 damage to all creatures and all players.

What is your Hall of Fame ballot this year?

Not decided yet.

Favorite movie?

Wreck-It Ralph

Favorite book?

Kingdom(Japanese Comic)

Favorite food?

All dishes that are made by my wife, Japanese SUSHI, American Steak, Chinese Cooking, and Korean Spicy chicken.

Is there anything you’d like to say?

I really love MTG as a player and as a store owner and organizer.

I will set a goal for my life:

• 1st place at lifetime PWP.
• Win an individual Pro Tour.
• Want to employ over 100 MTG players in my company.
• Host an over-5,000-participant tournament.
• Matching up in a PT final with my son (my dream).

Thank you.

Japanese

あなたのマジックとの付き合い方は?もし殿堂したらそれはどう変わる?

プレーヤーとしては15年プレイし続けていて、今はプロツアー毎回の参加権はありませんが、GPやPTQに積極的に出ていて、PTドラゴンの迷路で久々にプロツアーに参加し、シルバーレベルとなったので、その権利でPTテーロスも参加予定です。
また、マジック専門店の経営者でもありますし、最近は大会主催により盛り上げていくという関わりもかなり強くなってきました。
マジックは僕の育ての親であり、仕事であり、趣味であり、生きがいで、これからも一生関わりが強い存在です。

もし僕がHoFに選ばれたら、再びプロツアーに毎回参加出来るようになるので勿論毎回出ますし、それにより僕のステータスやモチベーション、日本国内のみならず世界との繋がりが更に増える事で、マジックや皆さんにとって更にハッピーな事を打ち出していけると思います。

僕は君が色々なデッキを使っている所を見たことがあるけど、君のアグロデッキに対する愛はよく知られているよね。
それには何か理由はある?

例えばコントロールと比べ、アグロのほうが同じ時間内に出来るゲーム数が多く、プレイテストやデッキ調整において100点を目指しやすいです。
よってその時のテスト時間が限られれば限られるほど、アグロを選択する事が僕にとっては有利要素となります。また、本番での疲労が少ない事もメリットです。
それと、やっぱりSaito=アグロというイメージが強い事は分かっているので、良いアグロを作ってそれを使ったほうが喜んでくれる人が多いというオプションもあったり(笑)
勿論、そもそもアグロに可能性を感じない時はそういう話ではなくなってきますが。

君はよくこのゲームで最も偉大なデッキ構築者として知られているけど、君がデッキを作るときのプロセスと、誰とテストしてるかを教えてもらえる?

ひたすらカードプール全てと向き合う事に時間をかけます。環境初期だったらデッキの軸になるような使ってみたいカードやコンボ、環境中期~末期だったらメタゲームに対しての良いアプローチを探します。また、脳内で良い動き、平均的な動き、悪い動きをそれぞれイメージしながらデッキを組み、弱いデッキで対戦する時間をなるべく減らそうとします。それでも失敗は多いので、大きいトーナメント程出来るだけ沢山の準備時間を用意出来るようなスケジュール調整を心がけています。
テストするのは渡邊雄也をはじめとする日本のプレーヤー達か、自身のショップやマジックオンラインの大会参加がメインです。

君は最近まで時間稼ぎをしたことによって18ヶ月間出場停止になっていて、それによって殿堂の資格も失ってしまったよね。
それについて君が何かとても悪いことをしてしまったのではないかと推測している人たちもいるんだ。なぜなら18ヵ月という期間はペナルティとして、とても長いからだ。
何が起こったか説明してもらえる?

時間稼ぎで有利になろうとしたという裁定でGPフィレンツェ2010で失格、18ヶ月の出場停止、殿堂受賞資格の剥奪となりました。失格については、その時時間稼ぎをしようとは一切意図していませんでしたが、そう判断されてしまうような行動があった為に起こりました。具体的には、沢山のギャラリーの外に乗り出して時計を見に行った事、ずっと膠着していた場からの突然の相手のフルアタックの後に長考をしてしまった事です。
ヘッドジャッジは、
「過程や思惑は重要ではなく、事実として時計を見た後プレイスピードが変わったので時間稼ぎをしたと見なします。」
という裁定でした。

君のとても偉大な功績に疑う余地はないよ。だけど、たまにそれらの功績は不正に得た物ではないかと考える人たちもいる。不正っていうのは今回の時間稼ぎみたいなのとか色々だ。それについて何か聞かせてもらえるかな?

僕の数々の戦績も失格裁定も出場停止も、これはどちらとも僕の実績なので差し引いて評価して頂く事がフェアだと思います。ただ、長い間注目されている立場でプレイしていたので、もし仮に僕が時間稼ぎや他の悪質な手口を駆使して勝っていたプレーヤーなのだとしたら、元々の経歴込みで当然マークされていただろうしもっと早々に失格になっているとだろうと思います。
自分としては、愛するマジックに対して真摯にやってきた結果なので過去の戦績には誇りを持っていますし、ズルをして勝ってきたように思われる事があるのは心が痛みます。

僕たちは基本的に日本で何が起こっているかを知ることができないんだ。
それは日本の殿堂候補者達にとって、とても大きなデメリットだ。なぜならそれは投票をするうえで考慮されるからだ。
君は日本のコミュニュティに何か貢献となりえる事をしたことがある?

4年半前、世界中のグランプリをサーキットしながら行ってきたトレードを活かし、MTG専門の通販サイト「晴れる屋」をオープンさせ、現在も経営しています。
通販サイトを皮切りに、日本のマジック界がより大きく、活発になっていく為のいくつかの貢献を、ビジネスオーナーとして行っています。
 
■小売
・MTG専門の実店舗「CARDSHOP晴れる屋」を3年前に東京にオープン。
・国際通販のSaitoCardShop.comを1年半前にオープン。
・今年の8月から、プレイスペース300席の、マジック専用トーナメントセンターをオープン予定。
 
■大会主催
・毎日複数のトーナメントをショップで開催中
・新規DCIナンバー発行数、日本一
・大会開催数、日本一
・グランプリを2回開催(1回目は日本初。2回目のGP横浜2013は当時日本歴代1位、世界歴代2位の2297人参加)
 
■情報発信
・happymtg.comというマジック専門サイトを作成。
・・有名プレイヤーのコラムを通じて、魅力的な戦略記事を提供
・・デッキデータベースを作成。50000件近くのデッキを世界中から収集して、情報公開
 
マジックをプレイする上で、最も重要なのは環境です。
より簡単にカードが手に入り、トーナメントに参加が出来て、マジックの情報にアクセスできるような環境があれば、マジックはもっと盛り上がると思っています。
僕はこの事業を通じて、皆がマジックをもっともっと楽しめる環境を作っていきたいと思っています。

君の殿堂の成績欄に載っているもの以外で、何か他にもあるかな?

生涯獲得プレインズウォーカーポイント第4位です。
これは僕が沢山マジックを愛し、沢山トーナメントに出た事を表しているのでとても好きです。
10年以内に中村修平を抜いて1位になるのが大きな目標のひとつです。

君の1番のMTGでの思い出は?

2007年はPoYを取る年と決めて頑張っていて、大変名誉があるマジックインビテーショナルの参加権を放棄してGPに参加し、その年のPoYになれた事です。決めた目標に向かって悔いが無いよう真っ直ぐ向かえた事は今でも自信となっています。
また、貯金500ドル以下の状態で仕事を辞め、チーム戦のPTチャールストンの準備に1ヶ月オールインしたら優勝出来てしまった事です。その時一緒に頑張ったチームメイトは今年の殿堂候補者でもある八十岡と鍛冶で、決勝の僕の相手はインタビュアーの殿堂プレーヤー、パウロビターデモデロサでした。

MTGの記事は書いたことある?あるなら、1番気に入っている記事を教えてくれる?

Important Things for Tournament Success – Part 1: Concentration


Channelfireball

Important Things for Tournament Success – Part 2: Having Fun


Channelfireball

Important Things for Tournament Success – Part 3: Improving Your Magic Environment


Channelfireball
http://www.happymtg.com/column/tomoharusaito/8999/
HAPPYMTG-Standard article at before PTGTC (Japanese)

君は自分がプレイヤーとして、他のプレイヤーより優れていると思っているものは何?

環境作りが僕の武器です。
トーナメントセンターをやるのは皆さんに喜ばれたいだけじゃなく、自分のマジック環境を良くする為でもあります。
良いデッキを作る、良いプレイをする為には、良い環境に身を置く、環境を強化するのが近道です。

好きなアーキタイプは?

赤単色、もしくはそれに近いもの。

今までで1番好きなデッキと、カードは?

Super Naya Zoo / 深き刻の忍者

好きなフォーマットは?

レガシー

好きなラブニカのギルドは?
グルール

もし、殿堂者にカードを1枚作る権利があるなら、どんなカードを作る?

カード名:灼熱の魔導士
コスト:赤赤
サイズ:2/1
速攻
1赤:対象のクリーチャーかプレーヤーに1点のダメージを与える
2赤:対象のクリーチャーかプレーヤーに2点のダメージを与える
3赤:対象のクリーチャーかプレーヤーに3点のダメージを与える
赤赤赤赤赤:全てのクリーチャーとプレーヤーに5点のダメージを与える

今年誰に投票する?

まだ考え中。

好きな映画は?

最近ではシュガーラッシュ

好きな本は?

キングダム(Japanese Comic)

好きな食べ物は?

僕の妻が作ってくれる全てのご飯と、日本の寿司と、アメリカのステーキと中華料理と、韓国のタッカルビ

何か他に言いたいこととか、僕になにか聞いて欲しいことはある?

ひたすらマジックを愛している、専門店オーナーやトーナメント主催者として、また、死ぬまでプレイし続けるであろう現役プレーヤーとして、これからの僕の目標を挙げさせて下さい。

■マジックに関わる上でのこれからの目標

・生涯プレインズウォーカーポイント1位
・プロツアー個人戦優勝
・100人以上のマジックプレーヤーの働き口を作る(現状30人)
・5000人以上のトーナメントの開催
・もうすぐ我が家に生まれる男の子とのプロツアー決勝戦(夢)

等。
ありがとうございました!

Discussion

Scroll to Top